奇襲を仕掛けて“鷹”を狩る。後半戦が始まる15日・ソフトバンク戦の先発に、堀瑞輝投手(21)が抜てきされる見通しとなった。今季から取り入れた先発投手に短いイニングを任せる「オープナー」が実践される見込みだ。2戦目は杉浦稔大投手(27)、3戦目は球宴第1戦で登板した有原航平投手(26)が中4日で先発。直接対決でのカード3連勝を狙う。チームは13日、福岡へ移動してソフトバンクの2軍施設がある筑後で全体練習を行った。

 遠ざかる鷹との距離を一気に縮めるため、栗山監督は大胆な決断を下した。後半戦の“開幕マウンド”は、プロ3年目左腕の堀...    
<記事全文を読む>