米大リーグで2度目の「岩手対決」に期待が高まっている。マリナーズの菊池雄星は14日(日本時間15日)のエンゼルス戦に先発予定で、大谷翔平との対戦が見込まれる。6月8日に実現した初対決は大谷が本塁打を含む3打数2安打1打点と活躍した。花巻東高で基礎を鍛え、世界へ羽ばたいた2人による夢の時間が再び訪れる。

 菊池にとっては後半戦、そして父親として最初の登板となる。前半戦は19試合で4勝6敗、防御率4・94。8日に第1子が誕生したばかりで、父としての初勝利に挑む。

 大谷は右肘手術から5月7日に打者として復帰。前半戦は53試合で14本塁打、打率3割3分、38打点と好成...    
<記事全文を読む>