◆マイナビオールスターゲーム2019第1戦:全セ3―6全パ(12日・東京ドーム)

 時代をまたいでオールスターの「顔」となった。表彰台の真ん中に上がった森が満面の笑みで賞金300万円の目録を掲げた。昨年の第1戦に続き、2年連続の最優秀選手賞(MVP)を獲得。「すごく気持ちいいです」。平成から令和へと年号が変わっても「お祭り男」は不変だ。

 2回2死一塁。直球勝負を挑んでくる大瀬良にフルスイングで応えた。初球、体がはち切れんばかりのスイングで沸かせると、4球目の148キロを捉えた。「最初は切れるかなと思ったけど、そのままいってくれた。真っすぐを1、2、3でホームラ...    
<記事全文を読む>