ルートインBCリーグは10日、長野県営球場などで2試合を行い、信濃グランセローズは同じ西地区の富山に2―0で完封勝ちした。後期通算6勝4敗とし、順位は3位から2位に浮上した。

 信濃は、ギジェンが威力のある直球と変化球の緩急で相手を手玉に取り、散発4安打の完封で5勝目を挙げた。打線は五回、2死から赤羽、安野の連続二塁打で1点を先制。八回は無死一、三塁から暴投で加点した。開幕からの連続試合出塁のリーグ記録を更新中の田島は、八回に四球を選び、記録を46に伸ばした。

 信濃の次戦は14日。中野市営球場で午後1時から西地区首位の石川と対戦する。

...    
<記事全文を読む>