「こっそりと活躍したいです」。試合前、そんな謙虚さを見せていた東北楽天の主砲が豪快なソロで球宴を沸かせた。浅村が六回2死、全セ3番手山口(巨人)の直球をフルスイングすると、きれいな弧を描きながら中堅手の頭上を越えていった。西武時代を含めて通算7度目の球宴の常連は「オールスターで一本打ちたいと思っていたので良かった」と満足げだった。
 140キロ台後半の直球とカーブを織り交ぜてくる山口の投球に「直球を狙っていたが、変化球にも反応できるように準備していた」。5球目の真ん中に入ってきた147キロを強打者は見逃さない。「感触が良かった。しっかり打てた」と振り返った。
 守備...    
<記事全文を読む>