【北広島】9日発足したオール北海道ボールパーク連携協議会は、プロ野球北海道日本ハムのボールパーク(BP)を道内の地域活性化につなげるために発足した近隣市町村、道、JR北海道、バス事業者などによる官民挙げての組織だ。初会合では自治体首長らから、観光振興などへの期待が相次いで示された。ただ、BPへの交通アクセス改善などを求める声も上がり、課題も抱えながらのスタートとなった。

 「BPの大きな集客力に大変期待している。経済効果が享受できるようわれわれもしっかり取り組む」。小樽市の迫俊哉市長は、BPでの道産品販売など球団が周辺自治体を巻き込んだ地域活性化策を計画していることを歓迎。...    
<記事全文を読む>