プロ野球の埼玉西武が、2017年12月から改修工事を進めている所沢市のメットライフドームエリアのうち、第1弾として室内練習場、選手寮、チームストア、オフィス棟が竣工(しゅんこう)し、8日報道陣に公開した。

 約40年ぶりに生まれ変わる新室内練習場は9日から稼働し12球団最大級の広さ。新しい選手寮は室内練習場に隣接、旧若獅子寮から部屋数を増設。ロッカールームには米メジャーリーグで使用されてるロッカーをNPB球団で初めて導入した。旧若獅子寮は8月から解体する。

 西武球場前駅とメットライフドームの間には大型グッズショップを新設し15日にオープン。これまで点在していた...    
<記事全文を読む>