西武が総額約180億円をかけて進めている施設改修事業の第1弾、選手寮「若獅子寮」と室内練習場「ライオンズトレーニングセンター」が完成し、9日から本格的な使用が始まった。

 本拠地メットライフドームに隣接する敷地に建設された。寮の居住スペースは12日に稼働し、新設のグッズショップ「ライオンズ チームストア フラッグス」は15日にオープン。球団のオフィス棟も24日に稼働する。

 これまでの室内練習場は本拠地移転の1979年から40年が経過し、老朽化が著しかった。新しいトレーニングセンターは50メートル×50メートルの敷地に5つのブルペン、4つの打撃ケージ...    
<記事全文を読む>