第90回都市対抗野球大会(13日開幕・東京ドーム)に、3年ぶり10度目の出場を果たしたJFE西日本硬式野球部(福山市・倉敷市)の壮行会が8日、福山市役所北側広場であり、詰め掛けた300人の市民に選手らが必勝を誓った。

 選手、スタッフ40人を前に、枝広直幹市長が「福山も倉敷も昨年の西日本豪雨では多くの被災者を出した。地元の思いを胸に、ドームで躍動して」と激励し、野球部の内山康治部長に市旗を渡した。

 内山部長は「まずは全力で初戦突破を目指す。さらに昨秋準優勝だった日本選手権を上回り、優勝旗を取りに行きたい」と誓った。

 ...    
<記事全文を読む>