社会人野球の都市対抗大会(13日開幕・東京ドーム)に、北海道地区代表として出場する日本製鉄室蘭シャークスは7日、日本製鉄球場(輪西町)でJR北海道クラブと壮行試合を行った。1―2で惜しくも敗れたが、駆け付けたファンは「ぜひ初戦で勝利を」と、スタンドに応援の声を響かせた。

■惜敗も主将「雰囲気いい」 17日初戦、ファン期待大きく

 JR北海道クラブは、道2次予選の代表決定戦でも対戦した強敵。シャークスは先発の鈴木駿也投手が三回に適時二塁打、四回に本塁打を打たれ2失点したものの、五回以降は5人の小刻みな継投で無失点に抑えた。

 打線は四回裏、無死満塁と好...    
<記事全文を読む>