ルートインBCリーグは6日、福井市営球場などで4試合を行い、西地区の信濃グランセローズは同地区の福井に5―3で逆転勝ちした。後期成績は5勝3敗で、順位は2位のまま。開幕からの連続試合出塁のリーグ記録43に並んでいた田島は3安打1四球で、新記録となる44に伸ばした。

 一回に2点の先制を許した信濃は四回、ロドリゲスの適時打や、赤羽の右前打に失策が絡むなどして計3点を挙げて逆転。五回はペレスのソロ本塁打、六回は田島の適時打で突き放した。四回途中から救援した名取が3勝目を挙げた。

 信濃は7日、石川県の珠洲市営野球場で西地区首位の石川と対戦する。信...    
<記事全文を読む>