ヤクルトの石川が7回を1失点にまとめ、約1カ月ぶりの3勝目を挙げた。今季最多の103球を投げてチームを今シーズン初の4連勝に導き「しっかり準備すると、チームの勝利を手繰り寄せることができる」と胸を張った。

 来年1月で40歳になるベテランの修正能力が光った。「状態は良くなかった」と語るほどで一回に3安打を浴びて先制を許した。二回以降は普段より緩いシンカーやカーブを織り交ぜ、多彩な球種を低めに集めて打たせて取った。

...    
<記事全文を読む>