前半戦最大のヤマ場だったソフトバンクとの首位攻防戦で東北楽天はまさかの3連敗に終わった。「三つしっかりやられた」。平石監督は無念の表情を浮かべた。
 この日もグラシアルにやられた。まずは先発辛島。一回に内川の適時打で先制点を献上し、なおも2死一塁で、甘めに入った直球を簡単に右翼席に運ばれた。「少し中に入ってしまった。(一発が)痛かった」と反省した。
 2番手青山もつかまった。2-3の六回1死一、二塁から登板。いきなりグラシアルとの対戦を迎えた。「怖さがあった」と慎重に入りたかったベテラン右腕に対し、若手捕手の堀内はグラシアルのタイミングの取り方などから変化球待ちを感...    
<記事全文を読む>