野球独立リーグ・ルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブス(GB)は3日、小山運動公園野球場で茨城と対戦、8-1で快勝した。通算成績は5勝1分け1敗で東地区首位を守った。

 栃木GBは二回1死満塁から、野崎新矢(のざきしんや)(大田原高出)の押し出し四球で1点先制。三回も3連続四球で無死満塁とすると、茨城の2番手人見隆太郎(ひとみりゅうたろう)(鹿沼高出)から、原田元気(はらだげんき)の左前2点適時打と秋庭蓮(あきばれん)の左犠飛で3点追加。五、六回も2点ずつ加えて突き放した。

 先発の前田大佳(まえだまさよし)は、最速144キロの直球とフォークを低めに集め...    
<記事全文を読む>