ルートインBCリーグの新潟アルビレックスBCは3日、群馬県の高崎市城南球場で群馬と対戦し、3-13で敗れた。通算成績を2勝3敗1分けとし、順位は東地区3位。

 新潟は投手陣が崩れ群馬に大敗した。

 先発大竹は初回に本塁打を浴びるなど群馬打線につかまり、6回途中8失点で降板。八回を投げたカノも5失点を喫した。

 打線は0-4で迎えた五回、樋口、ピメンテルの連続適時打で3点を返すにとどまった。

 新潟の次戦は5日午後1時から、長岡市悠久山球場で武蔵と対戦する。

...    
<記事全文を読む>