東北楽天の則本昂大投手(28)が3年契約の最終年となる今季終了を前に長期契約を結び直したことが3日、分かった。石井一久ゼネラルマネジャー(GM)が明らかにした。交渉は3月で契約期間は7年程度とみられる。プロ野球では異例の長期契約について、石井GMは「イーグルスで実績をつくった選手。そういうことをリスペクトして契約を全て見直した」と述べた。
 則本昂は契約最終年の今オフにポスティングシステムによる米大リーグ移籍について話し合う可能性があったが、再契約によってなくなった。今後は東北楽天のエースとして、以前から意欲を示していた2020年東京五輪の野球で日本代表入りを目指す。
<記事全文を読む>