秋田市のこまちスタジアムで30日、プロ野球のヤクルト―巨人戦が行われ、ヤクルトの抑え、石山泰稚(金足農高―東北福祉大出―ヤマハ)が3―3の九回に登板した。簡単に2死を取ったが、坂本勇に右翼フェンス直撃の勝ち越し二塁打を喫して負け投手に。「打たれた球は安易な球で、しっかり投げ切れなかった」と肩を落とした。

...    
<記事全文を読む>