第39回全日本バレーボール小学生大会の県決勝大会が15、16日、橋本市と紀の川市であり、女子の部で上富田バレーボールクラブが優勝した。上富田女子は創部26年目で初めて全国大会に出場する。


 県大会の女子の部は36チームが参加し、8ブロックに分かれて予選トーナメントと、各ブロック1位の8チームで決勝トーナメントをした。

 上富田は予選で2勝し、決勝トーナメントではJVC下津に2(21―8、21―11)0、準決勝で印南はまゆうに2(21―9、21―12)0、決勝でおぐら(和歌山市)に2(21―11、21―15)0で勝ち、優勝した。

 6チーム...    
<記事全文を読む>