水泳の県高校総体兼東海県予選は29日、長良川スイミングプラザで競泳を行い、女子200メートル自由形の岩井芽依(大垣商)が、2分6秒33の大会新記録で3連覇を果たした。

 女子400メートル個人メドレーでは、山岡ケイ(帝京大可児)が5分2秒28で3連覇を達成。男子50メートル自由形の沢村祥(加納)と同400メートル個人メドレーの戸田和樹(大垣北)は、2連覇。男子400メートルメドレーリレーは、県岐阜商(吉田、伏屋、餅原、奥田)が大会新の3分57秒67で制した。

 各種目の8位までが、全国総体出場を懸けた東海総体(7月19~21日・浜松市)に出場する。

...    
<記事全文を読む>