自転車ロードレースの全日本選手権は29日、小山町の富士スピードウェイ(SW)で第3日を行い、男子U23(23歳以下)個人ロード(119キロ)は武山晃輔(チーム右京)が3時間7分33秒で優勝した。三島市を拠点に活動するチームブリヂストンサイクリングの沢田桂太郎が2位、今村駿介が3位に入った。
 女子エリート・U23個人ロード(140キロ)は与那嶺恵理(アレ・チポリニ)が4時間19分42秒で4連覇した。

 ■沢田「伸び代ある」 今村、勾配に苦戦
 男子U23はチームブリヂストンサイクリングの沢田と今村が表彰台を死守した。先頭集団から離されず、最後ま...    
<記事全文を読む>