ハンドボール・トヨタ紡織九州レッドトルネード(神埼市)の日本代表GK岩下祐太(28)=熊本県出身=が、2020年東京五輪を見据えた同県の「育成指定選手」に選ばれた。遠征費などを県が助成する。指定は2年ぶりで、期間は来年3月31日まで。

 岩下は千原台高(熊本市)から早大を経て14年にトヨタ紡織九州入り。高いセーブ力が持ち味で、16―17年の日本リーグではシュート阻止率1位に輝いた。今年6月には日本代表として韓国戦、スウェーデン戦の3試合に出場。代表初出場となった韓国戦では好セーブを連発し、韓国からの3年ぶりの白星に貢献した。

 27日に神埼市内で熊本県ハンドボー...    
<記事全文を読む>