2017年のフリースタイルスキー世界選手権金メダリストの堀島行真選手(21)=池田町出身、中京大=が28日、高山市宮中学校を訪れ、集まった地元の児童生徒ら90人の前で講演した。軽いトレーニングを通して、子どもたちと交流する一幕もあった。

 堀島選手は、世界選手権で大会史上初となるモーグルとデュアルモーグルの男子二冠を達成。しかし翌年の平昌冬季五輪では決勝二回目で転倒し、メダルに手が届かなかった。

 講演では、五輪での失敗について「ずっと夢見てきた舞台で、成功のイメージを固めてきただけにショックだった」と振り返った。二二年の北京冬季五輪に向けて「平昌で取れなかった...    
<記事全文を読む>