「前畑がんばれ」の実況中継で知られ、日本人女性初の五輪金メダリストとなった水泳の前畑秀子さん(1914~95年)が、30日から放送が始まるNHK大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」の第2部に登場する。亡くなるまで50年近く暮らした岐阜市にもゆかりの深いアスリートで、「再び脚光が当たれば」と市民らが熱い視線を送っている。

 前畑さんは和歌山県橋本町(現橋本市)に生まれ、十五歳で名古屋市の椙山第二高等女学校(現椙山女学園高)に編入。三六年のベルリン五輪に出場し、女子200メートル平泳ぎで金メダルを獲得した。

 結婚を機に戦後は岐阜市に移り、岐阜県水泳...    
<記事全文を読む>