2020年東京五輪のテスト大会を兼ねる近代五種のワールドカップ(W杯)ファイナル2日目は28日、東京都調布市の武蔵野の森総合スポーツプラザほかで女子の決勝が行われ、昨年のファイナルで6位入賞した山中詩乃(自衛隊体育学校=山田高出)は1329点をマークし、今季W杯では自己最高得点を記録し、13位に入った。優勝はロンドン五輪金メダリストのアサダウスカイテ(リトアニア)が1394点で東京五輪出場権を獲得した。...

...    
<記事全文を読む>