2020年東京五輪・パラリンピックで村山市のホストタウン対象国になっているブルガリア新体操ナショナルチームに応援メッセージを届けようと、市民有志がビッグな同国の国旗を手作りした。「巨大フラッグに多くの市民から寄せ書きしてもらい、選手たちを鼓舞したい」と意気込む。

 チームを応援する「ゴールデンガールズファンクラブ」(小室けい子代表)が初めて企画した。先月以降、選手との会話に役立てるためのブルガリア語講座やJR村山駅東口の小便小僧にブルガリア仕様の衣装を手掛けるなど、歓迎する準備が着々と進んでいる。7月6日から始まる3年目の事前キャンプ「ROSE(ローズ) CAMP...    
<記事全文を読む>