タイ式キックボクシング「ムエタイ」で佐伯市出身のプロ選手平井将歳さん(27)=別府市桜ケ丘=が、世界ムエタイ評議会(WMC)日本スーパーフライ級の王者となった。九州のジムに所属する選手が、同団体の日本タイトルを手にするのは初めて。「防衛を重ね、ベルトは自分のものだと知らしめたい」と張り切っている。
 平井さんは23日に横浜市の会場で、前日本チャンピオンが返上したベルトを懸け、高坂侑弥選手(横浜市・エイワスポーツジム)と対戦。完全アウェーの雰囲気の中、3分5ラウンドを戦い抜き、3―0の判定で勝利した。
 佐伯市直川生まれ。小中高校時代は市中心部で過ごした。ムエタイは2...    
<記事全文を読む>