東京五輪・パラリンピックを前に、本物のアスリートとの触れ合いを通じて競技への関心を高めてもらおうと、山北町立川村小(同町山北)で26日、元五輪選手による水泳教室が開かれた。

 湘南工大付高出身で、1996年アトランタ大会の競泳(背泳ぎ、メドレーリレー)に出場した近内圭太郎さん(40)が講師を務めた。近内さんの父親が同町教育委員会に勤めている関係で実現した。

 プールサイドの5、6年生約120人を前に、近内さんはまず泳ぎを披露。きれいなフォームでスピードを上げる姿に、児童からは「すごい」「速い」との驚きの声が漏れた。続いて児童の泳ぎをチェック。...    
<記事全文を読む>