茨城国体(9月28日開幕)の東北ブロック予選を兼ねた第46回東北総合体育大会は27日のゴルフを皮切りに競技が始まる。福島県を中心に9月まで36競技が行われる。

 相撲、銃剣道、自転車、陸上、レスリングを除く31競技が国体予選となる。8月23~25日の主会期に半数以上の20競技を集中開催。冬季のアイスホッケーは11、12月に実施する。

 本県は昨年の福井国体で2年ぶりに全37正式競技にエントリー。467人の選手を送り込み、天皇杯順位は東北最上位の24位だった。茨城国体に向け、まずは東北の戦いを勝ち抜き、一つでも多くの出場権を獲得したい。

...    
<記事全文を読む>