「葉山ヨットフェス」が7月13日、葉山港(葉山町堀内)を会場に開かれる。セーリングの英国代表選手と町民ら有志による親善レースなどが行われる予定で、町はレースの参加者や観客を募っている。

 2020年の東京五輪・パラリンピックを前に、「日本のヨット発祥の地」とされる町で、競技に親しんでもらうのが狙い。

 レースは、17年から町を拠点に事前キャンプを行う英国セーリングチームの選手が参戦。町民ら有志と個人戦で争う。

 選手の姿を間近で見られるよう、通常は沖合で行われるレースを港から約150メートルの海上で行うほか、観戦用の大型...    
<記事全文を読む>