フィギュアスケート女子の坂本花織(シスメックス、神院大1年)が24日、兵庫県体育協会が選出する「未来のスーパーアスリート」の指定証授与式に出席し、「昨季は結果を求めすぎた。今季は思うがままに滑りつつ、しっかりやるべきことをやりたい」と、自分らしさを重視した演技への意気込みを語った。

 20日にグランプリ(GP)シリーズ各大会の出場選手が発表され、坂本は第1戦スケートアメリカ(10月18~20日・ラスベガス)と第3戦フランス杯(11月1~3日・グルノーブル)に入った。「最初に行き慣れた米国で、次にまだ出たことのないフランス杯なのでうれしい」と笑顔。平昌(ピョンチャン)冬季五輪...    
<記事全文を読む>