9月20日のラグビーワールドカップ(W杯)日本大会の開幕まで3カ月を切り、群馬県内でも熱気が高まっている。試合は札幌市や東京都調布市など全国12会場で行われ、隣県の埼玉県熊谷市でも3試合が観戦可能だ。ファンは世界トップ選手のプレーを間近に見られると期待を膨らませ、各国から訪れる観戦客と日本の懸け橋になろうとボランティアとして参加する人もいる。

◎県内ファン 熱気高まる
 「日本の勝つところが見たい」と意気込む会社員、田中努さん(51)=高崎市八島町。前々回ニュージーランド(2011年)、前回イングランド(15年)と2大会連続で現地観戦した熱烈なファンだ。...    
<記事全文を読む>