2020年東京五輪初出場を目指すパラオのアーチェリー選手団が宮城県蔵王町の蔵王球場で、26日までの日程で事前合宿を行っている。技術向上に励みながら、太平洋戦争後にパラオからの引き揚げ者が開拓した北原尾地区の住民から激励を受けたり、地元の学校を訪ねたりして交流を深めている。

 事前合宿は昨年6月に続き2回目。ブランドン・ギラム選手(37)、エドワード・ケニック選手(39)、クリストファー・オグロン選手(28)の3人に、今回はコーチとしてツゥッティ・エルブエル・チルトンさん(50)が帯同した。仙台市のアーチェリー指導者前川雅俊さんが指導する。
 公開練習会が...    
<記事全文を読む>