2020年東京五輪・パラリンピックで村山市のホストタウン対象国になっているブルガリアの新体操ナショナルチームによる事前キャンプ「ROSE(ローズ) CAMP(キャンプ)」が、同市で来月6日にスタートする。これに合わせ、同チームを応援する菓子「ブルガリア・スターもなか」の販売が始まった。同国の国旗に使われる白、緑、赤の3種類があり、星の形からスター選手になってほしいという願いが込められている。

 チームを応援する「ゴールデンガールズファンクラブ」(小室けい子代表)のアドバイザー石川准一さん(71)=同市楯岡鶴ケ町=と副代表で妻の澄子さん(71)が発案。村山商店街の「...    
<記事全文を読む>