ラグビーのトップリーグ・カップ(TL杯)は22日に開幕し、神戸製鋼は和歌山市の紀三井寺公園陸上競技場で近鉄と対戦する。昨季、18大会ぶりに日本選手権を制し、TLとの2冠に輝いた名門が、新たな陣容で今季の第一歩を踏み出す。

 今季のTLは11月のワールドカップ(W杯)日本大会終了後、準備期間を挟んで来年1月に始まる。TL杯は、W杯に向けて強化を進める日本代表以外の底上げなどを目的に昨季から始まり、今大会はTLと下部のトップチャレンジリーグの計24チームが参加。6チームずつ4組に分かれて1次リーグを行い、各組1位が準決勝に進む。

 20日に出場メンバーが発表され、神...    
<記事全文を読む>