大学の運動部でつくる「体育会」といえば、勝利のために日々練習を積み、上下関係などの規律が求められる厳しいイメージ。同じキャンパスで学びながら、他のサークルや文化系の学生らとは交流が乏しくなりがちだが最近、一部で変化が見え始めている。大学側が「ファンクラブ」的な組織を設け、キャンパス内で観戦会を開くなどしてPR。多くの学生に自校の体育会を身近に感じてもらい、高校野球のような一体感や愛校心を育むことが狙いだ。(有島弘記、長江優咲)

 新体操部やカヌー部などが全国レベルの大会で活躍する武庫川女子大(兵庫県西宮市)は昨年11月、体育会の応援を目的とする会員ページ「LAVYS Nat...    
<記事全文を読む>