ソフトボール男子の世界選手権第5日は17日、チェコ・プラハなどで予選リーグ8試合が行われ、A組の日本は10―0の四回コールドでフィリピンに大勝し開幕4連勝。単独首位をキープした。

 日本は0―0の二回、宮路(YKK)の適時打と宇根(平林金属ク)の内野ゴロで2点を先制し、さらに松田(平林金属ク)の適時三塁打などで一挙5点。続く三回にも黒岩(トヨタ自動車)の2ランなどで5点を奪い、試合を決めた。投げては小山(日体大)、高橋(高知PW)、寺原(旭化成)の継投で内野安打1本に封じた。

フィリピン
0000|0
055×...    
<記事全文を読む>