来年の東京五輪に向け、横須賀市がイスラエル柔道チームの事前キャンプ地に決まった。市内の女子柔道強豪校・横須賀学院高(稲岡町)を練習会場とし、今年8月下旬に開幕する世界柔道選手権東京大会から利用する。

 市政策推進課によると、チームは世界選手権と東京五輪の練習に同じ会場で臨みたい、との意向を全日本柔道連盟に伝え、事前キャンプ地の選定を依頼。視察を踏まえ、同校柔道場の設備の良さや宿泊先が近くに確保できることなどから決めた。

 世界選手権前の8月15~26日と、東京五輪前の来年7月15~25日に事前キャンプをする。市はバスを確保し、宿泊先と練習会場の行き来をはじめとす...    
<記事全文を読む>