二〇一九年ラグビーワールドカップ(W杯)でナミビアのキャンプ地、二〇年東京五輪で南アフリカのホストタウンになっている町田市は十七日、市民ボランティア向けに両国を知るミニイベントを市役所で開いた。市内のスポーツイベントを中心に活動するボランティア団体「まちだサポーターズ」の約五十人が参加した。

 国際協力機構(JICA)の両国担当者や両国からの留学生が説明。「英語は通じるか」と質問する参加者に、両国担当者は「英語は公用語」と答えた。

 南アフリカの男子留学生は「ラグビーは人気のスポーツ。前回のW杯では日本に敗れたが、今回は優勝する」とユーモアを交え、時折日本語も織...    
<記事全文を読む>