世界ボクシング協会(WBA)女子フライ級王者の藤岡奈穂子(竹原慎二&畑山隆則、大崎市出身)が7月12日、東京・後楽園ホールで防衛戦に臨む。相手は世界ボクシング機構(WBO)女子ライトフライ級王者の天海ツナミ(34)=山木=で、日本の女子ボクシング史上屈指の好カードとなった。男女通じ日本で初めて世界5階級を制した43歳は「日本での集大成にしたい」と意気込む。

 天海は昨年、藤岡を抑えて日本ボクシングコミッション(JBC)最優秀選手賞を受賞。フットワークやパンチのリズムが変則的で動きが読みづらい。
 体格やリーチに大きな差はなく「適切なポジションを取ること...    
<記事全文を読む>