はつかいち縦断みやじま国際パワートライアスロン大会(中国新聞社特別協力)は16日、廿日市市の宮島と吉和を結ぶスイム2・5キロ、バイク55キロ、ラン20キロの計77・5キロのコースであった。国内トップ選手を対象にしたエリートと個人、リレーの部に計約600人が挑んだ。

...    
<記事全文を読む>