レスリングの世界選手権(9月・カザフスタン)代表選考会を兼ねた全日本選抜選手権最終日は16日、東京・駒沢体育館で行われ、男子のグレコローマンスタイル72キロ級決勝は、リオデジャネイロ五輪5位で昨年の全日本選手権王者の井上智裕(FUJIOH)が日下尚(日体大)に敗れ、代表争いはプレーオフ(7月21日)に持ち込まれた。

 女子57キロ級決勝で2016年リオ五輪63キロ級金メダルの川井梨紗子(ジャパンビバレッジ)が全日本覇者で五輪5連覇を目指す伊調馨(ALSOK)を破り、代表争いはプレーオフ(7月6日・和光市総合体育館)に持ち込まれた。

 50キロ...    
<記事全文を読む>