全道の障害者アスリートが熱戦を繰り広げる「第57回北海道障がい者スポーツ大会」が16日、北見市で開幕した。同日は車いすバスケットボールが行われ、計3チームが迫力あるプレーを見せ、会場の観衆を沸かせていた。

 北海道障がい者スポーツ協会などの主催で、オホーツク管内で16、23の両日に計4競技を実施。16日の車いすバスケットボールは北見市の道立北見体育センターが会場で、参加した札幌、旭川、釧路の3チームが総当たりで順位を競った。

 各試合とも目まぐるしく攻守が切り替わり、車いすが激しくぶつかる迫力に、観客は息をのんでいた。優勝した旭川リバーズの飯村健太主将(27)は...    
<記事全文を読む>