日本で初のラグビー・ワールドカップ(W杯)がいよいよ9月に開幕する。東京五輪・パラリンピックも来年に迫る中、関連報道はこれからますます過熱し、スポーツファンではない人たちも、いや応なしに情報のシャワーにさらされることが予想される。メディアにはどんな姿勢が求められ、受け手はどう接していけばいいのか。スポーツとメディアの関係に詳しい早稲田大学のリー・トンプソン教授に聞いた。(伊丹昭史)

 -メディアとスポーツとの関わりには長い歴史がありそうです。

 「近代スポーツはメディアとともに発達してきました。自転車レース『ツール・ド・フランス』は20世紀初めにフランスの新聞社...    
<記事全文を読む>