レスリングの世界選手権(9月・カザフスタン)代表選考会を兼ねた全日本選抜選手権第3日は15日、東京・駒沢体育館で行われ、女子の57キロ級は五輪5連覇を目指す伊調馨(ALSOK、八戸市出身)と2016年リオデジャネイロ五輪63キロ級金メダルの川井梨紗子(ジャパンビバレッジ)がともに1次リーグ、準決勝を突破し、16日の決勝に進んだ。
 50キロ級は昨年の世界選手権覇者の須崎優衣(早大)が昨年の全日本選手権優勝の入江ゆき(自衛隊)との初戦、準決勝を勝ち、リオ五輪48キロ級女王の登坂絵莉(東新住建)とともに決勝進出。53キロ級は向田真優と奥野春菜(以上至学館大)が決勝に勝ち上がった。...    
<記事全文を読む>