日本サーフィン連盟主催の第16回マスターズオープンサーフィン選手権が14日、磐田市の豊浜海岸で開幕した。15日に始まるJOCジュニアオリンピックカップ第27回ジュニアオープンサーフィン選手権と合わせて16日まで3日間、全国の選手約400人が熱戦を繰り広げる。
 35歳以上のマスターズは225人が出場した。午前は風の強いコンディションだったが、選手は狙った波を捉えては、日頃培った技を次々披露した。
 ジュニアは、最年少8歳から18歳まで174人がエントリーを予定。五輪など世界に照準を合わせる強化指定選手も登場する。
 同会場でのJOC大会開催は初めて。地元サ...    
<記事全文を読む>