【東京支社】日本オリンピック委員会(JOC)は14日、東京都内で2018年度JOCスポーツ賞の表彰式を行い、ノルディックスキーのワールドカップ(W杯)ジャンプ男子で日本勢初の個人総合優勝を果たした小林陵侑(土屋ホーム、盛岡中央高)が特別栄誉賞を受賞した。

 JOCの竹田恒和会長から表彰状やトロフィーを受けた小林は「特別な賞をいただき光栄」と喜びを表し、「2022年の北京冬季五輪が今後、一番注目してもらえる大会。金メダルを取れるよう今後も頑張りたい」と活躍を誓った。

...    
<記事全文を読む>