ラグビートップチャレンジリーグ(TCL)の釜石シーウェイブス(SW)RFCは13日、盛岡市の県庁と県盛岡地区合同庁舎でチームを応援するサポーター会員を募集した。この日1日で過去最高の53人が入会した。

 桜庭吉彦ゼネラルマネジャー(GM)、プロップ佐々木和樹選手(盛岡工高)ら4人が二手に分かれ、「応援よろしくお願いします」と加入を募った。県三陸防災復興プロジェクト2019推進室の柏葉保行特命課長(47)は「少しでも釜石を応援したい」と2年ぶりに会員になった。

 佐々木選手は「W杯で釜石市もにぎわう。釜石SWも地域活性化に貢献したい」と話し、23日に初戦を迎えるト...    
<記事全文を読む>