ボッチャ競技の体験教室が十三日、高岡市野村小学校であり、リオデジャネイロパラリンピックの同競技混合団体銀メダリストの藤井友里子選手(46)=魚津市出身=が四年生百一人と競技を通じて交流を深めた。(武田寛史)

パラ銀・藤井選手と交流

 児童はボールを投げて、輪の中に入れる練習から始め、実際に二チームで白いジャックボール(目標球)に赤、青の各六球のボールを投げたり、転がしたりして近づけるゲームも体験した。

 藤井選手は脳性まひで手足に障害があり、車いすを使用している。高岡市の障がい者相談支援センターかたかごの相談支...    
<記事全文を読む>