今秋のラグビーワールドカップ2019日本大会に出場するカナダチームがキャンプを行う長門市で12日、開幕100日前に合わせて、大会特設コーナーが開設された。大会が終了する11月2日まで。

市と市内の民間団体などでつくる市世界大会等キャンプ招致委員会が市民の機運醸成を図ろうと企画。東深川のショッピングセンター、ウェーブ長門店にカナダ代表や同市の俵山スパスタジアムの写真パネル10点を展示し、大会カウントダウンボードを設置した。「スタジアムを体感してもらおう」と人工芝を敷き、記念撮影コーナーを設けている。

コーナー内にある九州・山口の大会開催都市や公認...    
<記事全文を読む>