静岡市で11月30日に開かれる第20回記念県市町対抗駅伝(静岡新聞社・静岡放送など主催)の菊川市チームが9日夜、本年度の初練習を菊川運動公園で実施した。小学生から一般までの選手候補者約40人と役員、コーチが集まり、選手選考方法や日程を確認した上でトラックを周回した。
 本年度は前回に続いて本田高一監督(市陸上競技協会)が指揮を執り、長年選手として活躍した中島葵さん(ナイスケア)や宮城昂祈さん(掛川市消防本部)らがコーチに加わる。市立総合病院からのメディカルサポーターも3人から4人に増え、選手の心身を支える。
 市陸上競技協会の横山正美理事長は「前回はチームの過去最高...    
<記事全文を読む>